« 快晴 | トップページ | ブラックプールが »

2020年3月19日 (木)

子どもの遊具

ブランコというキーワードが頭から離れなくなった。
皆様は
公団のありとあらゆる空き地に
箱ブランコがあったのはご存知ですか?
いつの頃か
あのブランコは本当に姿を消した。


「こうちゃん公園」
にあった
得体の知れない石のジャングルジム
いや、あれはジャングルジムじゃなかったな~
滑り台がついてたり
洞窟みたいなのがあって
って
「こうちゃん公園」
ってどこ?
って話ですよね。


武蔵野市緑町
都営団地の間にあった公園です。
うちは
緑町公団だったから
都営団地とはちょっと違って
道路、はさんだだけなのに
大野田小学校と千川小学校に分かれてしまってたので
その「こうちゃん公園」は
千川の子どもたちの物だったのかもしれない。。。


でも
そこには
箱ブランコはなかったな~


話がそれちゃったけど
私が箱ブランコ漕ぎの名人だったこと
知ってます?
立ちこぎっていって
箱ブランコの背もたれの方に立ち
反対側の友達と足を振って
こぎ始めると
簡単に箱ブランコが揺れてくれるんです。

でも、
あの時は
普通に楽しめたけど
小さい子がいる中で
よく誰も怪我しなかったな~
って今では思う。

でも、他では事故があったから
撤去され始めたんですよね。


鉄棒もあったけど
あれも
グライダ~
なんてして
上手く飛べたら
良いけど
頭から落ちたこともあるからね。


今でも覚えてるのが
うんてい
あれも凄く大変で面白くて
頑張り甲斐があったんだけど
あれは
ランドセルしょったまま上を登ってしまって
悲しい事故がありましたからね。


子どもの遊具を
本当に見なくなった。
じゃあ
見たからと言って
私がそれで遊んでたら
ひきますよね~
気持ちは子どもかもしれないけど
見た目は
「おばちゃんが、占領してる」
なんて言われて
事件にでもなったら
大変です。


今はじっとしていることですね。

« 快晴 | トップページ | ブラックプールが »

コメント

ブランコを漕ぐ
これは自分の体重と重力を使って
ブランコを駆動することです。
そのコツがわかると、いろんなことに
活用できます。
自転車を漕ぐのもそう。
ワルツを漕ぐのもそう。
そうです。
ブランコのスイングを体得した者が
ダンスを制するのです。

ソレイユ様

上手いこと言って下さいますね~
そっか~
ブランコが大事だったのか~
公園でブランコ見つけたら
怪しく思われてもいいから
また
こいでみようっと!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 快晴 | トップページ | ブラックプールが »

無料ブログはココログ