« 衣替え | トップページ | 新しい日常 »

2020年6月 3日 (水)

兄弟げんか

ということで
一人っ子だと
難しい技になりますね~


私は3歳下の弟と
10歳下の弟がいます。
今は二人とも
可愛いと思えますが・・・


ご想像通り
おっとりとしたこのわたくしの性格と
おしゃべりが止まらない弟の中で
諍いがないわけがございません。


10歳下の弟は
もう、兄弟じゃないですからね~
生後一か月の時には
耳を押さえて
お風呂に入れたり
おしめを変えたり
してましたよ~
今じゃ~
すっかり忘れてしまっていますけれど・・・


でも、
一度母親になった人は
忘れませんよね~
それに関すると
やはり
母そして
父は偉大です。

私の場合
やったって言っても
毎日ではないし
ちょっと気の向いた時だけですからね・・・
身につくはずもなく。


「可愛い~楽しい~お~浮いてる~」
ってな感じでしたから・・・


そして
3歳年下の弟が今日誕生日だったので
思い出したのです。
あの頃の兄弟げんかを
些細な事なんでけど
それでも
しますよ~

「姉ちゃんが残してたアイス
食べたでしょ~」
から始まって
取っ組み合いのけんか・・・
今思うと
くだらない

オセロゲームしてて
まだ弟が私より弱かった時
最後勝てるかな~
と思ったら
駒をごちゃごちゃにされて
またまた
取っ組み合い。

しばらくすると
弟の方が
強くなりましたけどね。。。


まあ、
どこの兄弟も同じ感じで喧嘩してたので
夏の公団住宅は窓も全開
公開喧嘩
が多発しておりました。


それでも
喧嘩にもルールがあって
1髪を引っ張らない
2かみつかない
3砂をかけない
4唾をかけない
まだまだあったけど
ちょっと忘れちゃった


小さい頃のルールだけど
今もちゃんと覚えてる。
誰が決めたんだろう???
母かな~
父かな~


10歳の弟と
取っ組み合いのけんかは
ないな~


弟へ
お誕生日おめでとう
適度な運動して
若さを保って下さいな

« 衣替え | トップページ | 新しい日常 »

コメント

私の3歳下の弟は、2016年12月、
大腸がんのため亡くなりました。
享年60歳。
盛岡で単身赴任の形で母親の面倒を看て
いたのですが、病魔にやられました。

葬儀が終わったあと、母親は風呂敷に
包まれた骨壷を両手でなでながら、
「この子は生まれた時、身体が弱かった
 還暦まで生きてよかった」
と、つぶやいておりました。
弟は古巣のH子先生と同じ年齢です。
H子先生も大腸がんで亡くなりました。
亡くなったのは1年あとでしたね。

クリスマスパーティーの直前だったので
デモは当然キャンセルです。
まぁ、最悪のタイミングでしたね。
なので、
翌年の古巣の30周年DPへ行くことに
しました。せっかく作ったデモだから。
初めてのクイックステップ。外デモだ!

ひさえ先生にお見せしたクイックです。

ソレイユ様


私は
弟達に看取ってもらいます。
勿論相方にも看取ってもらいます。

私は
弟に先に亡くなられるのは絶対にダメです。

両親よりも先に亡くなるのもダメです。


母が息子の骨壺を持つのを想像するだけで
私はダメです。
自分に子どもはいませんが
もしもいる事考えたら・・・


人は死ぬ為に生きると言われています。

色んなことを考える時です。
私も
日々楽しみながら
常に考えていこうと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 衣替え | トップページ | 新しい日常 »

無料ブログはココログ